×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






     
       
       
       
       
       


                  ■ 作者コメント

                     赤のトゲパーツを使ってあばら骨のような胴体を作り、細マッチョな人型に向きそうだったので
                     前から考えていたスプリットフェイス製作に使いました。
                     そのため綺麗な左右非対称カラーは諦めて、赤色の体で所々を改造したような見た目になってます。

                     両腕は指を作るのが面倒だったので武器でごまかしとります;


                     設定
                     自ら体を改造して強い敵を探している闘士です。ハードな決闘をしすぎてHFに捕まっちゃいました。
                     改造の影響で生まれた卑怯な人格がたまに出てきます。




                  ■ 作者関連リンク
                     レゴ三昧 http://blog.goo.ne.jp/ikuta-shoya?fm=rss
                     fg http://www.fg-site.net/members/83546/




                  ■ GMコメント

                     第34弾は、syoyaさんの俺スプリットフェイス!

                     これはイイ細マッチョですねー。基本ギチギチに詰めていきながら、肘関節や腰部は敢えて詰めないバランスとか。
                     「スプリット」にこだわり過ぎなかったのも正解でしょう。十分、半々の配色のキャラに見えますし、改造という設定もあって
                     むしろこれぐらいの方がカッコイイんじゃないかと思います。
                     アバラは、私もそういう風に使おうと思ったことがありましたが、この作品では、そのアバラが心臓部的なクリアパーツを
                     囲むように配置されていることで、アバラっぽい配置にとどまらず、アバラそのものに見えるというヤラレた感!

                     両腕は武器で十分です!怪人たるもの、汎用性なんか考えず、何かに特化してなくちゃ!(←怪人じゃねえ)