×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






     
       
       
       
       
       


                  ■ 作者コメント

                     つい最近ここのことを知り覗かせて頂いたのですが自分の好きなマーリ系の作品が少ないなと思い
                     カルザーニを製作しました。

                     「karzahni」はマトラン語で「地獄」の意味なので悪魔や魔王っぽさ、素組みからある気味の悪さや
                     強敵らしさをより引き出すようにアレンジしました。


                     後期「Invasion From Beiow」で手に入った緑系パーツを上手く使いたいなぁと、結構な数使用して
                     います(実際上手く使えてるかどうかは不明ですが)。

                     背中のマントはダ○ソーのフェルトで自作しています…マントパーツもっとたくさん欲しいです…

                     自分としては予想以上の出来になったのですが下半身に密度を求め過ぎた結果可動範囲が狭まり
                     安定して自立せずパーツのポロリも少なくないのでまだまだだなぁと実感させられました。

                     もし2015にBIONICLEが復活するなら変異前のカルザーニ製品化もあり得る…?




                  ■ GMコメント

                     第48弾は、衝撃波むに子さんの俺カルザーニ!

                     カルザーニって実はよく知らないんですよ。一般の販売ルートにも乗ってなかったし。ただ、メトロ系
                     マスクの色違いが何種類か手に入るってことは気になってて、だけど複数買いできる資金はなくて、
                     ネットショップの画像を眺めながら迷って、結局買うのを断念した製品です(笑)。
                     http://www.bricklink.com/catalogItemPic.asp?S=8940-1
                    
                     そんなわけで、そんなカルザーニの俺化には感慨深いものがあります。
                     まずは、やはりマーリ系キャラには似合う、恐竜の尻尾パーツを使ったウネウネ!いいですねー。
                     元ネタよりも兇悪な方向にメリハリを効かせたプロポーションと相まって、キャラを感じさせます。
                     ライムグリーンの組織が全身に行き渡ってる感じの配置も、上手く行ってると思いますよ。