×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






     
       
       
       
       
       
■ 作者コメント

   タフーはやはり初期のトーアとして発売されたせいか、多くのファンによって
   アレンジされたMOCが印象的です。
   そこで僕も2015年に新しくBIONICLEが発売された記念も兼ねて俺タフーに
   挑戦してみました。
   LOT296では、製品版のイメージに近づけながらもみなさんが考えたコンセプト
   (広範囲可動、初期のパーツオンリー、近年のパーツとの調和など)に沿った
   作品が見られたので、僕も自分なりのコンセプトで差異を出そうと思いました。

   最終的に思いついたものは、「なるべくHFやクリップ系システムプレート、ミニ
   ボールジョイントやミニフィグアクセサリーなどのパーツを使って密度を出し
   ながらシンプルなかっこよさを目指す」ことでした。
   製品版ではできなかった深く膝を曲げたりするポーズがつけられるような工夫
   もしています。

   最後は以前の俺コパカと並べて撮ってみました。




■ GMコメント

   第59弾は、ユタラプトルさんの俺タフー!

   2015年版のタフも発売されたところで、そのタフのパーツを取り入れての
   俺タフーですね。コメントにもあるように、システム系の小物パーツを投入した
   ことで、密度感というかメカニカル感が前面に出ていてクールです。
   それでいてシンプルな体型にまとめ、かつ可動も生かすというのは、実は
   かなりの難題だと思いますが、ミニボールジョイントなどによって、逆に可能に
   なっている部分もあるんでしょうねー。

   ニクルパーツをメインに組んだコパカとの対比も、持ち味の違いが出ていて
   面白いです。